FANDOM


Middle-earth / 中つ国
Starter Area (初期エリア)Land (大陸)Region (地方)Landmark (ランドマーク)Map (地図)
Tavern (酒場)NPC (ノンプレイヤーキャラクター)
Middle-earth / 中つ国
Middle Earth0

中つ国(なかつくに、Middle-earth)は、J・R・R・トールキンの架空の世界で、彼のほとんどの物語が起こったとされている場所である。この言葉は、『ホビットの冒険』(The Hobbit)、『指輪物語』(The Lord of the Rings)そして『シルマリルの物語』(The Silmarillion)の中で描かれた全世界に非公式に適用されることもあるが、 もっと適切には(エンドールEndorあるいはエンノールEnnorとクウェンヤやシンダール語などのエルフ語で呼ばれた)その主要な大陸だけを示すのに使われた。

中つ国の設定はしばしば別世界であると思われるが、実際は地球の歴史上の架空の期間、6000~7000年前の設定とされる。トールキンは、中つ国が私たちの地球であると手紙のいくつかの中ではっきりと主張した。本で書かれているのは、大陸の北西が大部分であり、現代のヨーロッパに対応する。中つ国の東および南に関してほとんど知られていない。

中つ国の歴史はいくつかの時代に分割される。『ホビットの冒険』そして『指輪物語』は第三紀の終わり頃のことを扱っていて、一方『シルマリルの物語』は主に第一紀の出来事を扱っている。その世界はもとは水平だったが、第二紀終了の近くに創造者イルーヴァタールの介入により丸くなった。

中つ国についての私たちの知識の多くは、トールキンが生前に出版しなかった著述に基づいている。著述に含まれている多くの中つ国の伝説は、トールキン・ファンの大部分によって正典とみなされている。

各種族ごとに用意されたチュートリアル(序章)を終えると全てのプレイヤーは時間が流れて、初期エリアに来ます。ここは作りたてのキャラクターだけが存在する練習エリアで、メールや生産、銀行など一部の機能が使えません。

初期エリアは、人間ホビットはアーチェト村から始まり、ドワーフエルフはトーリンの門から始めることになります。序章を終えて(その後はエピック クエストを進めていく形になります)、初期エリアにあるインスタンス(序章)を終了すると、いよいよLOTROのメインステージへと進みます。初期エリアで一緒だった他種族もそれぞれのスタートエリアへと移動し、本格的な冒険が開始できるようになります。
各種族のスタートエリアは以下のとおりです:


中つ国は以下のように細分化されています:

地図は、中つ国を旅するのにプレイヤーを支援するためのものです。「M」キーを押すことによって現在いる場所の地図や他の地域の地図を表示させることができます。地図にはランドマーク道しるべ馬屋の主人商人などの様々なサービスがアイコンで表示されており、表示/非表示をカスタマイズすることができます。これらの地図上のアイコンの上にマウスを移動させると、正確な座標を知ることができます。座標は北/南、東/西の順で表示されます。

座標、位置の詳細については位置を参照


中つ国の地図 / 1,600 × 1,200 ピクセル
中つ国地図

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki