FANDOM


Character (キャラクター)
Classes (クラス)Races (種族)Traits (特性)Skills (スキル)Stats (ステータス)Equipments (装備)

Race / 種族
種族
このゲームには Dwarf (ドワーフ)、Elf (エルフ)、Hobbit (ホビット)、Race of Man (人間) の4種族 (Race) が登場し、それぞれに短所と長所が設けられています。「種族を選択」の一覧には、すべての種族と性別の組み合わせが表示されており、そのいずれかをクリックすると、サンプルのキャラクターとその種族の解説、選択可能なクラスが表示されます(種族によって選択できるクラスは異なります)。「動画を再生」 をクリックすると、種族について説明をする動画が流れます。キャラクターの種族と性別が決まったら、「続行」をクリックします。このゲームではキャラクターの性別を選ぶことができますが、それによる能力値への影響はありません。ただし、外見が異なることによって、プレイスタイルや他のプレイヤーに与える印象が変わってくるでしょう。

クラスと種族の組み合わせ / 赤は選択不可能、緑は選択可能なクラス

DWARF64 Dwarf (ドワーフ)編集

Dwarf-race

中つ国の屈強なドワーフは、不動の決意と強力な力を持ち、世界の深部に見る様々な事象へ造詣が深いことで知られています。ドワーフは採掘に熟達し、金属と石の加工に長けています。彼らの作る造形物は頑強で名高く、比類ない美しさと複雑さを兼ね備えているのです。その姿は威風堂々として誇らしく、彼らが戦うのは中つ国の自由の民のためです(実はドワーフとエルフの間に旧来の確執が存在してはいるが)。ドワーフは彼らの住処である地底から現れて、東からの闇の勢力に対抗するために彼らの強さと恐るべき戦闘技術でともに戦うのです。ドワーフは通常4~5フィートの体躯を持ち、250歳まで生きます。

ドワーフは、特有のタフネスと偉大な創造力に表れているように、すばらしい戦士であると共に熟練した創造者でもあります。中つ国の西部の浜辺に程近い、歴史と大自然の美に囲まれた地域エレドルイン(青の山脈)の地下深くにある地底窟から彼らの旅ははじまります。

選択可能なクラス


ELF64 Elf (エルフ)編集

Elf-race
いつの時代にも、気高い種族であるエルフの行いと戦いは中つ国の歴史と深く絡み合ってきた。邪悪な力により中つ国を闇に陥れた災いを、彼らは今でも鮮明に記憶しています。その闇が、再び中つ国を脅かそうとしています。時は過ぎ、エルフはいくつかのグループに分かれ、中つ国の各地に定住の地を据えていました。彼らが住むのは主に古代の森、エルフたちは今でもそこで暮らしていそうだ。

エルフたちは背が高く強靭な肉体を持ち、公正で優雅であり、鋭い感覚と彼らを取り巻く自然の美を深く惹きつける力を持っていました。エルフたちは人間と同じ死に方はしない。エルフたちは中つ国の大地で数千年生き続け、闘いの中で傷つき倒れることはあっても、老衰や病気に苦しむことはないのです。エルフたちは、晩年になると西海の果てにあるという未知の土地に旅立っていきます。

遠い昔、エルフは中つ国における若い種族を歓迎し同盟を組みました。しかし、何世紀にもわたる戦いの中で、裏切りや困難がエルフたちを臆病で保守的な隠遁生活へと追いやったのです。第三紀の終わりが近く指輪戦争が間近に迫った今、北と東を覆い尽くす闇に立ち向かうため、古代の森や秘境の渓谷から飛び出したエルフたちが中つ国の自由の民と再び同盟を組みました。

選択可能なクラス


HOBBIT64 Hobbit (ホビット)編集

Hobbit-race
中つ国の第三紀後期まで、ホビットの事柄が記さされているものはほとんどありません。それは、ホビットがひっそりと暮らすことを好むからです。彼らはシンプルで穏やかな民族であり、エリアドール西部のホビット庄と呼ばれる地域で丘の穴やその周辺で生活を営んでいます。体の大きさが人間の半分であるため“ちいさい人”とも呼ばれるホビットは、中つ国の危険な出来事に身を投じるよりも(フォルノストの戦いにおけるホビットの弓隊の伝説を除いて)、畑仕事や食事、プレゼント交換などの平穏に満ちた生活を楽しんでいました。しかし、かの暗黒の時代には、控えめだが言葉と行動に驚くべき熟練を持つホビットが、自由の民にも北方から勢力を伸ばした暗黒の力にも多大な衝撃をもたらしました。

最も初期の状態でも、ホビットは行動において最も雄大な能力を発揮します。彼らの素早さと早考力は頻繁に記されている通りですが、ホビットを甘く見てはいけません。他の種族に比べて体は小さいが、強靭な身体、決然たる行動、弓術とナイフの扱いに優れている(それらを扱うことがあれば、だが)。彼らの小さな体には、中つ国の危険な旅路に出るために必要な強靭さと精神が宿っているのです。

選択可能なクラス


MAN64 Race of Man (人間)編集

Man-race
人間は、中つ国において最も新しく、そしてまた、第三紀以降の世を支配するべく運命付けられた種族です。とはいうものの、種としての人間の特徴は短命であるということであり、時として ”人の宿命” と呼ばれるこの特徴により、いくつもの哀しい物語が語られるようになったと言えるでしょう。

人間はヴァラエティに富んだ種族です。北方の偉大なドゥネダインからローハンの馬の司、果てはゴンドールの勇猛な戦士から極東の奇妙なハラドリムまでもが人間なのである。彼らは、偉大なる勇気と栄誉の持ち主である。しかし、彼らはまた野心や偽り、裏切りに陥りやすくもある。ホビット庄のホビットたちに「大きい人」としてのみ語り継がれている彼ら人間は、大きく、丈夫な体つきをしており、他の種族と比べ、短い人生を謳歌する。

LOTROの中で人間をデザインする際に、他の魅力的な種族とは違い、変わったキャラクターを作ることは難しい。J.R.R.トールキンの物語の中では、人間は特異な地位を占めています。彼らは気づいてはいないだろうが、彼らは運命の種族なのだ。人間は脆く、非常に野心的です。多くは指輪の力にひれ伏し、ダークロードの兵士の多くを成し、他の種族に比べて表面的には中つ国において最も醜い種族です。NPCとしてゲームの中に存在する人間は特に興味深い。というのも、人間の持つ動機を探るのは困難であり、その表情はいとも簡単に他人を欺くために用いられるからです。ブリー村で出会った人間との会話は、不注意に対する挑戦と例えることができるだろう。なぜならば、その町の壁の中には、正義のために戦う自由の民と、堕落し、正義に抵抗する悪の要素としての人間が共存していたからです。

選択可能なクラス

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki