FANDOM


The Delving of Frór.jpg

所在地:16.78S, 22.16W
The Ettenmoors >> Steps of Gram

フロールの掘
はるか昔に、ドワーフたちは霧ふり山脈を掘りつくし、その土地から貴重な鉱石を掘り起こした。そしてグラム山と呼ばれる影の下にある山々のふもとに、 堀がある ――フロールの堀だ。

ルダウアの人々が、現在エテン高地と呼ばれる土地にたどり着く以前に、そこに住んでいたドワーフが山の底深くに掘ったものだ。ルダウアの人々がその土地にやってくるまでの何年もの間、フロールの堀は放置され、朽ち果てていた。ルダウアの人々は、最終的には魔王の支配下に入ってしまった。そしてアングマールは、カルドランやアルセダインの軍隊に対する防衛手段として、地下の拠点を造ること指示した。ルダウアの人々はそれに従事し、廃坑で小さな拠点を建造した。

ルダウアの人々がアングマールの人々や魔王の本当の意図に気づくのは、あまりにも遅かった。古くから存在する恐ろしいガウント・マンたちがフロールの地下の空洞の中へやってきて、そこに強大な悪をもたらすことに成功した。しかしながら、悪が解き放たれる前にドゥネダインとエルフは魔王を討伐し、彼をアングマールから永久に追放した。指導者と命令を失ったガウント・マンたちは共倒れし、彼らが生み出した悪は、フロールの堀の中に封印されたのだった。

アングマール、そして自由の民は、フロールの堀の中でそれぞれの理由のために脅威に対抗します。アングマールは、自由の民に対抗する有力な味方を得るため、そして彼らの指導者モルディリスに約束された力が動機となります。自由の民は、エリアドールの平和を脅かす強大な悪を霧散させるためです。


Ettenmoors

Ost Ringdyr (16.0S, 12.2W) @ 76,50
Dâr-gazag (16.8S, 22.1W) @ 11.5,59






フロールの堀の特徴

The Delving of Frór(フロールの堀)はThe Ettenmoors(エテン高地)からのみ進入できる、パブリックダンジョンです。 ダンジョンの特徴として、5のレイド級のボス、15を超えるグループ級ボス、ソロからグループ向け難易度の生き物達がいます。それら居住者は、エテン高地で見つかるものと同等な戦利品を落とす可能性があります。また自由の民、モンスタープレイヤー双方の拠点で交換できる新しいアイテムも手に入ります。


フロールの堀への入口

エテン高地には五つの前哨地があります。これらはThe Delving of Frór(フロールの堀)の軍に支配されており、プレイヤーとモンスタープレイヤーはThe Delving of Frór(フロールの堀)へのアクセスを得るためにそこを奪わなければなりません。これはプレイヤーかモンスタープレイヤーが5ヶ所中2ヶ所の前哨地を支配することで達成できます。

自由の民側の入口は Ost Ringdyr、モンスター側(アングマール軍)は Dâr-gazag から入ることになります


マップ


Mobs

Normal (ノーマル)

Signature (サイン)

Elite (エリート)

Elite Master (エリートマスター)

Nemesis (ネメシス)

Arch-nemesis (アーチネメシス)

The Ettenmoors
集落野営地
Glân VraigGramsfootHoarhallowOst Ringdyr
地域
Arador's EndColdfellsHoardaleHithladSteps of Gram
ランドマークインスタンス
Dâr-gazagGrimwood Lumber CampTol AscarnenThe Delving of FrórIsendeepLugazagGrothumTirith Rhaw

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki